FC2ブログ
2019/01/17

収益物件の融資状況

さて収益物件の融資のお話でしたね。

当社では収益物件の紹介から融資付までおこなっています。

この収益物件の定義はとても難しいです。

エリア、構造、収益、戸数、挙げればきりがないくらいです。

そして収益物件を所有していない業者からの紹介はとても
危険に感じます。

所有した経験値がないのにこの物件は大丈夫だとお客さんに紹介
できる根拠は?と感じるからです。

やはり物件を所有して経営経験のある業者、もしくは経営している
宅建主任者からの購入は言葉の重みが違うと思っています。

当社ではアパート、マンションを所有経営していますので、それに基づくエリア選択、物件経営、物件チョイスに経験があります。

しかし一番大切なことは、いくら良い物件を購入できても
購入者に満室経営を維持できるスキルがあるかと言うことです。

購入は一瞬、経営は所有し続ける期間全てだからです。

ですので昨年まではやっていたサラリーマン大家のように
物件購入後、管理会社に丸投げ経営ではいずれ破綻を
招くのではないかと考えています。

そして今は昨年まで出ていた融資がピタリと止まっています。

しかし融資が出ている局面は事実あるのです。

銀行は不動産に融資しなければ経営していけません。

数千万、何億の融資を効率的に行わないと経営が成り立たないのです。

では、どんな場面で融資は出るのでしょう。

それは資産背景がある場合です。

今までのようにサラリーマンの給与に焦点はあたりません。

現金、担保の付いていない不動産、現金に換えられる株券などがあります。

そういった資産背景が確認できれば融資は出ます。

フルローンも出ています。

当社でも今月収益物件に融資が出ました。

それも70代後半の方です。

金利は1パーセント前半です。

こういった事実が示すように収益物件は今でも動いています。

そして資産のある方だけで回っていく様相です。

こうやってお金持ちだけが更にお金持ちになっていく構図が
形成されていくのでしょう。

元来、不動産はお金持ちが投資するカテゴリーでした。

昨年までの数年はお金のないサラリーマンでも購入できる
特別な期間が数年続いていました。

その特別な期間が是正されたと考えれば合点がいきます。

もし資産背景がある方は収益物件購入のチャンスです。

ご相談ください!

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント