FC2ブログ
2019/07/01

選ばれる部屋にするには?

収益不動産は入居者に住んでもらって初めて収益が派生します。

空室を多く抱える収益物件は厳密には収益物件とは言えないでしょう。

またそういう大家は不動産投資家とは言えないと思います。

厳しいようですが、物件を欲しがる前にやることは空室対策です。

そして物件に入居予定者を案内してくれるのは管理会社です。

そういった管理会社が案内したくなるような物件を作らなければいけません。

元付の管理会社であればどういった物件でも案内はしますが、仲介の管理会社であれば
決まらない部屋への案内は無駄足以外の何物でもありません。

仲介にそういった部屋と断定されるとお客さんは全く案内さえしてもらえなくなります。

新築であろうが築古であろうがまずは清潔感です。

部屋が綺麗でなければ入居者は入りません。

前の入居者の痕跡が残っているような部屋は新しい入居者にとって気味が悪いだけです。

清潔にハウスクリーニングされ、壁紙が変えられた部屋がまずスタートラインです。

これをやらずに「早く入居者を入れてくれ!」と言われても無理です。

空室があるアパートには他にも空室がある場合が多いです。

空室スパイラルです。

そういった雰囲気が空室があることによってアパート全体に強くなってきます。

そうならないためにも早く空室は埋めていかなければなりません。

空室には大家の変な金銭感覚も影響することがあります。

部屋は綺麗に仕上がっているとしましょう。

なぜ空室が埋まらないのでしょう。

管理会社をやる気にさせているでしょうか?

管理会社は会社ですから利益追及で動いています。

そのために有効な報奨金の上乗せはしているでしょうか?

礼金敷金なし、フリーレントは実施しているでしょうか?

こういったことをケチっていてはいつまでも空室が続くかもしれません。

また根本的なことですが、相場に比べて家賃は高くないですか?

空室が続く場合、家賃が高いことは多く見受けられます。

家賃を下げると利回りに影響して、売却の時に安くなる。

よくそういった声も聞きます。

しかしそんなにすぐに売却するのでしょうか?

売却するまでまだまだ時間があるのではないでしょうか?

であれば少し安くして借りてもらったほうが良くないですか?

そして空室が埋まってきたら次の入居者で家賃を元に戻したらどうですか?

そういったことを柔軟に考えられない年齢のいった大家さんが散見されます。

賃貸住宅に住む層は若年層です。

そういった人たちを相手に商売をするのですから自分もそのレベルを知る必要があるでしょう。

もう少し空室対策を続けます。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント