FC2ブログ
2019/07/05

家賃保証会社

さあ頑張った甲斐あって入居者が決まった!

ではその次です。

まずは家賃保証会社の審査を通さなければなりません。

家賃保証会社とは、1ヶ月の家賃の約半分で2年間の保証が受けられると言うものです。

基本的にはこの保証会社を通らない人は入居を受け付けないほうがいいと思われます。

保証会社が調べて何かあれば審査は弾かれてしまいます。

そうすれば審査には通らないことになります。

審査に落ちても入居させると家賃の滞納があった場合に保証会社の保証を受けることができません。

保証会社は最後の砦なので使うことをお勧めします。

入居希望者を断るのは機会損失になりとても辛いのですが、経営第一で考えると損失を出す可能性は
極力排除するべきでしょう。

しかしこの保証会社も利益追究団体です。

ということは倒産することもあり得ます。

そのために他の保証会社も当たっておくことも必要です。

また最近よく聞くのは定期借家契約を結ぶということです。

普通借家契約より、大家の力が強く反映されます。

入居者サイドに問題がある場合2年の契約時に次の契約をしなければ実質的に追い出すことができます。

何も問題がなければそのまま継続して次の2年の定期借家契約をすれば良いのです。

これは入居者より、大家側に立った内容だと感じます。

ただ、入居者は2年で終了する契約と感じてしまうかもしれないので、丁寧な説明が必要になってきます。

やはり最後は人と人ですね。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント